ゆっくりとレーシック
ホーム > > 看護師の勤務の形態

看護師の勤務の形態

世の中の高齢化が進んで、看護師は福祉施設などでもニーズが増してきているのです。
また、大手の会社になると看護師は医務室にもいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを手がけています。このようなケースは、その会社組織の社員として入社をすることもありうるでしょう。



看護師産業看護師とは、企業を職場とする看護師のことをいいます。

看護師と聴けば病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室が置かれている企業もあり、沿ういう場所に勤務する人もいます。仕事の中身、役割といったことは勤務会社により多様ですが、従業員の健康維持と健康管理は基本的な仕事と考えてちょうだい。修学旅行やツアーなどに連れ添って、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。


結婚して子持ちの人は土日に休めたり、夜勤をしなくてもいい職場を望んでいるものです。


病院ではないところで働くのであれば、そこで求められる専門の知識を持っている認定看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。

看護師の勤務の形態は、他の職業にくらべて特殊であり、就職先によって持ちがいます。


一般に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているというケースが多いでしょう。
2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制を望む看護師も多いです。看護士を志望するりゆうは何がきっかけで実際に看護師を目さすことになったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。



転職の場合の志望動機は今までに身につけたスキルをいかしたいより人の役にたつ技術を学びたいなど、前向きな印象を人にもたせられるようにすることが大事です。これまでの職場に対するマイナスのことは言わないようにしてちょうだい。高校に入った時点で衛生看護科を選ぶと、他のやり方とくらべて早く国家試験の受験資格を得られるため、看護師になるのに、最短の道を歩むことができるでしょう。
ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても変えることは難しいです。
また、最低5年で試験をうけられますが、期間が短いので勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格するのが難しいともいえます。
看護師は、16時間などの当直により長い時間の勤務で、勤務中でも仮眠をとることが可能です。月に8回までと国の指針で定められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。

働いている病院の勤務形態によっては、生活がとても不規則になってしまったり、体調を崩しやすいのも、離職する看護師が多いりゆうの一部と思われます。

看護師免許を得るには、何通りかの道があるでしょう。
看護師の資格を取るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、すぐに受験することは認められません。
試験をうけるためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護について学習することが必要です。



産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健の指導などをしたり、うつ病防止のメンタルケアも行ないます。産業看護師の募集は、一般公開されていないので、職業紹介所で見つけるのは難しいでしょう。興味がある人は看護師専用の転職HPを利用してちょうだい。
転職ホームページでは産業看護師の募集も掲載されることが多いです。
看護師となるための国家試験は、年に1度開催されます。
看護師の人数の不足が深刻になっている日本にとっては良いことに、直近数年における看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を推移しています。
看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格できる国家試験です。看護士の求人はいくらでもありますが、望んでいる条件の求人があるとは限らないものです。看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。

できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤がない場所ではたらきたいと思っている方が多いでしょう。希望通りの病院などに転職するには、情報の収集が重要になるでしょう。看護師の勤め先といえば、病院という考えが妥当でしょう。



しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院だけでなく色々とあります。



保健所で保健師と協力し、地域の住民のいろいろなヘルスケアをするのも看護師の役割です。
それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、大抵の医療行為を看護師が行ないます。


看護師が上手く転職するためには、未来のことを考えて早めに行動を起こすことが大事です。


さらに、何を重点的に考えるのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、その希望に合った転職先の情報を少しずつ収集してちょうだい。

給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件も数え上げておきましょう。
看護師国家試験に合格するよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が困難という人も多いです。看護学校はそれ程厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年だ沿うです。


それ程厳しい学校を卒業し、国家試験も見事に合格した方には、できることなら、看護師の仕事をして貰いたいですね。


全国において、看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。

でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均すると、593万円くらいになるでしょう。
公務員看護師は給料が上がる率も民間より高く、福利厚生(社会保険制度とそれぞれの企業独自の制度に分けることができます)の面でも充実しているのです。



準看護師の場合だと、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。

看護師が1年目で辞めたいなら転職すれば?